設計

  • 119件の商品がございます。
  • 1 | 2 | 3 | 4 次へ>>
月刊建築技術 2022年8月号 CPD2単位

月刊建築技術 2022年8月号 CPD2単位

【特集】建築生産性向上に役立つ設計図書情報のつくり方
監修:浦江真人(東洋大学理工学部建築学科教授)
昨今は,建設業の合理化や工期短縮が求められている。また,省人化や省力化を目的としたロボット技術やAIの活用も進行しつつある。一方で,建築生産の前提となる設計図書情報の不整合や不備により、施工段階での手戻りが多くなるという指摘もある。本特集では,施工図を作成していくうえでのポイントを解説する。

価格(税込) 1,935 円 詳しくはこちら

個数:
多様化する構造デザイン
  • NEW

多様化する構造デザイン

日本構造家倶楽部多様化する構造デザイン編集委員会 編著

日本の構造デザインを牽引する構造設計者が集う日本構造家倶楽部会員が執筆を担当。平成の30年間を建築技術の進展および構造デザインの変遷を解説し,アフターコロナの構造デザインを模索する。
若手構造設計者や建築設計者,さらにそれを目指す人たちの道しるべとなる一冊。

価格(税込) 3,960 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2022年5月号 CPD2単位
  • オススメ

月刊建築技術 2022年5月号 CPD2単位

【特集】困らないためのコンクリート工事のポイント
監修:中田善久
設計ツールの進化により,斜め柱や曲面形状をもつ建築物が多くなっている。一方で,造形が複雑化するに伴い,配筋や型枠,支保工の置き方,打設方法など,設計上・施工上で工夫が必要になる場合が多くある。RC造を施工する際の基本的なポイントの解説に加え,複雑な造形に対応するためのポイントを紹介する。

価格(税込) 1,935 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2022年3月号 CPD2単位

月刊建築技術 2022年3月号 CPD2単位

【特集】多層木造建築物の現状整理
監修:大橋好光
近年,公共建築物をはじめとした中規模木造の実例が増えている。一方で,木造建築を多層化・高層化していくうえでは,構造性能や防耐火性能などの観点から未だ課題も多い。本特集では,木造建築物を多層化・高層化していくうえでの課題を整理するとともに,多層木造建築物の設計上のポイントを紹介する。

価格(税込) 1,935 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2022年1月号 CPD2単位

月刊建築技術 2022年1月号 CPD2単位

【特集】住まいのゲームチェンジ……なにをどう変えるのか?
監修:南 雄三
日本は,2020年10月に2050年カーボンニュートラルの実現を目指すことを宣言し,エネルギー・産業部門の構造転換,大胆な投資によるイノベーションの創出といった取組みに大きく前進させることが必要となる。ウィズコロナのなか,住まいはどのようなゲームチェンジをするのかを,各アイテムに分けて思考する。

価格(税込) 1,935 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2021年12月号 CPD2単位

月刊建築技術 2021年12月号 CPD2単位

【特集】構造デザインの手法
監修:腰原幹雄
構造模型・実験・3Dモデルなど構造デザインを理解するツールと,構造設計者が構造設計を行った実例をベースに,構造デザインと構造設計のあり方を紹介する。

【architectural design】
八代市民俗伝統芸能伝承館│平田晃久建築設計事務所
万葉公園湯河原惣湯 玄関テラス│アール・アイ・エー

価格(税込) 1,935 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2016年11月号 CPD2単位

月刊建築技術 2016年11月号 CPD2単位

【特集】RC構造保有水平耐力計算規準を実務設計に活用する
監修:和泉信之
日本建築学会が刊行した「鉄筋コンクリート構造保有水平耐力計算規準(案)・同解説」の要点を解説し,構造設計者が規準案を実務設計で活用するための考え方や工夫を紹介する。

【architectural design】
ふみの森もてぎ│内田文雄&龍環境計画

価格(税込) 1,935 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2021年11月号 CPD2単位

月刊建築技術 2021年11月号 CPD2単位

【特集】ケーススタディで知る環境建築の設計手法
監修:谷口景一朗
環境シミュレーションはどのように建築デザインにフィードバックされているのか。環境シミュレーションの活用による建築デザインに焦点を当て,具体的な設計プロセスを解説する。

【architectural design】
長野県立美術館│宮崎浩/プランツアソシエイツ

価格(税込) 1,935 円 詳しくはこちら

個数:
木構造テラス流 中規模木造構造設計の実務マニュアル

木構造テラス流 中規模木造構造設計の実務マニュアル

一般社団法人木質構造の設計情報を共有する会 監修

木造建築物の構造設計に不慣れな構造設計者を対象とした実務書。用途の異なる中規模木造建築物の構造設計例を解説している。さらに,確認検査機関が確認申請時にチェックする項目も解説している。

価格(税込) 3,960 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2021年10月号 CPD2単位

月刊建築技術 2021年10月号 CPD2単位

【特集】建築分野における情報技術の活用
監修:志手一哉
具体的な事例の紹介を基に,建築分野における情報共有の具体的な方法や情報技術の活用方法を解説し,情報技術の活用における先駆的な取組みを解説する。

【architectural design】
廣澤美術館│隈研吾建築都市設計事務所

価格(税込) 1,935 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術2018年1月号 コピーサービス
  • 問い合わせ商品

月刊建築技術2018年1月号 コピーサービス

特集:わかっているつもりだけの結露

建築技術2018年1月号は品切れのため,特集部分をコピーサービスにて,1,300円(税込)+送料127円でご提供いたします。

価格(税込) 1,300 円 詳しくはこちら

月刊建築技術2000年2月号 コピーサービス
  • 問い合わせ商品

月刊建築技術2000年2月号 コピーサービス

特集:傾斜地に建つ建築物の基礎設計

建築技術2000年2月号は品切れのため,特集部分をコピーサービスにて,1,000円(税込)+送料127円でご提供いたします。

価格(税込) 1,000 円 詳しくはこちら

月刊建築技術 2021年9月号 CPD2単位

月刊建築技術 2021年9月号 CPD2単位

【特集】実務に役立つ非住宅木造の構造設計のポイント
監修:大橋好光+山辺豊彦
今後需要の高まりが予想される4・5階建の非住宅木造建築物の構造設計において肝要なポイントを解説するとともに,許容応力度設計の実務設計への活用の仕方などを取り上げる。

【architectural design】
長野県立武道館│環境デザイン・宮本忠長建築設計共同体
代々木の家│YY architects

価格(税込) 1,935 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2021年8月号 CPD2単位

月刊建築技術 2021年8月号 CPD2単位

【特集】実務に役立つ建築材料早わかり21
監修:本橋健司
建築材料を適材適所に使用するためには,性能・性質のポイントを理解することが重要である。本特集では,機能別に,建築材料の性能・性質を理解するためのポイントを解説する。

【architectural design】
マルホンまきあーとテラス 石巻市複合文化施設│藤本壮介建築設計事務所

価格(税込) 1,935 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2021年7月号 CPD2単位

月刊建築技術 2021年7月号 CPD2単位

【特集】膜構造の設計のポイント
監修:宮里直也
膜構造の大空間への活用,さらに小規模建築物や屋外工作物など,幅広い建物用途での膜構造の設計方法を解説する。

【architectural design】
神奈川大学みなとみらいキャンパス│三菱地所設計

価格(税込) 1,935 円 詳しくはこちら

個数:

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ